AOPEN 24CL1Ybi (CL1) レビュー

AOPEN 24CL1Ybiレビュー

今回は、AOPEN社製23.8インチPCモニター「AOPEN 24CL1Ybi」のレビューをお届けします。


AOPEN 24CL1Ybiのレビューサマリー
おすすめ度
 (4)

★5:おすすめ度上位10%:超厳選おすすめモデル
購入をおすすめできるモデルのうち、おすすめ度が上位10%に入る超厳選されたモデルにのみ★5を付与します。★5を獲得したモデルは「おすすめ度上位10%の超厳選おすすめ 「★5」モデル一覧」で確認できます。


★4:おすすめ度上位30%:かなりおすすめ出来るモデル
競合製品と比べてかなり魅力的なモデルです。

★3:購入をおすすめできるモデル
この評価を付けるモニターには「可もなく不可もない普通の製品」「鋭い個性を持つが万人受けしない製品」の2パターンあります。後者の場合はその個性に魅力を感じる人にとっては十分に魅力的なモデルです。


AOPEN 24CL1Ybiは、23.8インチの非光沢IPS液晶を搭載したコストパフォーマンスに優れたモニターです。

搭載されているパネルの主要スペックは、色域NSTC72%, コントラスト比1000:1、輝度250cdです。このスペックは一般的に使われるデスクワーク向けモニターと同等です。一般的な用途で使う分には十分な描画性能です。

入力端子はHDMI1.4×1とVGA×1が搭載されていますので、様々なPCと接続可能な使いやすいモニターです。

全体としてシンプル&低価格路線で設計されているモニターであり、奢った機能は搭載されていませんが、画面のチラつきを抑えるフリッカーレス機能や、ブルーライトを軽減するBluelightShield機能など必須の機能はキチンと搭載されています。

付属のスタンドは画面の上下向きだけが調整可能なシンプルスタンドです。VESAマウントは搭載されています。

価格帯は同等スペックの競合製品と比べると最も低いクラスに属します。コストパフォーマンスはとても高い製品です。

以上を勘案して、AOPEN 24CL1Ybiは「テレワークなどデスクワーク用途で利用する方でコストパフォーマンスを重視される方には有力な選択肢となるモニター」であると評価します。

おすすめ度は★4と判定します。

タロウ
タロウ

AOPEN 24CL1YbiはAmazonと楽天市場で購入可能です。販売価格の差はあまりありませんでした。

(2023年1月調べ)


上記判定の根拠購入にあたっての注意点などを以下で解説します。

タロウ
タロウ

このPCモニターを購入されようとしている方はぜひご一読ください!

AOPEN 24CL1Ybiの特徴を解説

AOPEN 24CL1Ybi

カタログスペック一覧

AOPEN 24CL1Ybiの主要スペック一覧です。パネル自体は一般的なフルハイビジョンのデスクワーク向けモニターと同等です。スタンドの調整機能が豊富である事が目を引きます。

AOPEN 24CL1Ybiカタログスペック一覧
AOPEN 24CL1Ybi カタログスペック

より詳細のスペックは、AOPEN社の公式HPをご確認ください。

普段使いにちょうど良いスペック

AOPEN 24CL1Ybi に搭載されているパネルは24インチフルハイビジョンモニターとして一般的なレベルです。

一般的なレベルと言ってもハイビジョン画質ですので、十分に高精細で美しい映像を映すことが出来ます。一般的なデスクワークだけでなく映画やゲームを楽しむにも十分なスペックです。

一部のプロの方を除いて普通にパソコン作業をするのにちょうど良いモニターであると言えます。

接続性は十分

AOPEN 24CL1Ybi には、HDMI端子とミニD-sub 15ピン(VGA)が1つづつ搭載されています。

HDMI端子があればパソコンだけでなくゲーム機器やレコーダーなどとも接続できます。基本的にはこれで十分なのですが、一部の古いパソコンにはHDMI端子が搭載されていないことがあり、その場合はミニD-Sub15ピン端子を使用します。

両方ついていることで相手を選ばず接続可能ですのでとても接続性は良いと言えます。

パソコン側の端子が足りなくてお悩みの方はこの特集記事に解決方法あります

2台目モニター VGA/HDMI端子の数が足りない!2台目PCモニターのつなぎ方

無駄をそいだ質実剛健な作り

AOPEN 24CL1Ybi の全体のデザインや付属機能などはとてもシンプルです。

飾り気のないシンプルデザインの本体に、チルト角の調整が可能なシンプルなスタンドが付属しています。

またスピーカーも省かれています。

一方でフリッカーレス機能やブルーライト軽減機能であるBluelightShieldは搭載されていることに加え、使い勝手に影響が大きい左右のフレーム幅も薄目です。

大事なところは抑えてそれ以外は割り切る、まさに質実剛健な作りであると言えます。

AOPENは有名ではないが安心なメーカー

AOPENは有名ブランドではありませんが、実は一流モニターメーカーのAcer社のサブブランドです。

十分な実績のあるメーカーですので安心です。

またこのモニターには「センドバック保守サービス」が付いています。他のメーカーと変わらない保証期間のパネル本体は1年、それ以外は3年は一般的な保証です。

往復送料を負担してくれるとのことなので保証修理に出すハードルが下がって嬉しいですね

AOPEN 24CL1Ybi の総合評価

総合評価

AOPEN 24CL1Ybi を選ぶメリット

  • 費用を抑えて購入可能な価格帯
  • 普段使いにちょうど良いスペックのパネル
  • 接続性が良い
  • 充実の保証内容
  • 優れたコストパフォーマンス

AOPEN 24CL1Ybi のデメリット

  • スピーカーが搭載されていないこと
  • スタンドが上下向き調整しか出来ない
  • デザインが普通(もっとスタイリッシュなモニターもある)

総合評価

おすすめ度
 (4)

AOPEN 24CL1Ybiは、23.8インチの非光沢IPS液晶を搭載したコストパフォーマンスに優れたモニターです。

搭載されているパネルの主要スペックは、色域NSTC72%, コントラスト比1000:1、輝度250cdです。このスペックは一般的に使われるデスクワーク向けモニターと同等です。一般的な用途で使う分には十分な描画性能です。

入力端子はHDMI1.4×1とVGA×1が搭載されていますので、様々なPCと接続可能な使いやすいモニターです。

全体としてシンプル&低価格路線で設計されているモニターであり、奢った機能は搭載されていませんが、画面のチラつきを抑えるフリッカーレス機能や、ブルーライトを軽減するBluelightShield機能など必須の機能はキチンと搭載されています。

付属のスタンドは画面の上下向きだけが調整可能なシンプルスタンドです。VESAマウントは搭載されています。

価格帯は同等スペックの競合製品と比べると最も低いクラスに属します。コストパフォーマンスはとても高い製品です。

以上を勘案して、AOPEN 24CL1Ybiは「テレワークなどデスクワーク用途で利用する方でコストパフォーマンスを重視される方には有力な選択肢となるモニター」であると評価します。

タロウ
タロウ

AOPEN 24CL1YbiはAmazonと楽天市場で購入可能です。販売価格の差はあまりありませんでした。

(2023年1月調べ)


超厳選おすすめモニター おすすめ度上位10%の超厳選おすすめ 「★5」モデル一覧 格安テレワークモニター 1万円台前半!テレワーク在宅勤務におすすめ格安PCモニター10選

競合製品との徹底比較

同じようなスペックのモニターとの比較

Acer SA240YAbmi

AOPENにとって親ブランドに当たるAcerのコスパ路線の23.8インチIPS液晶モニターです。価格帯はあまり変わらないので、どちらがお買い得かは店舗の割引次第です。

スペックはかなり似通っていますが、Acer SA240YAbmi には2W×2のスピーカーが搭載されています。(これは完全に個人の感想になりますが)デザインも若干ながらAcer SA240YAbmi の方がスタイリッシュです。

Acer SA240YAbmi を選ぶデメリットはVESA対応していないので、モニターアームを取り付ける事が出来ない事です。


PHILIPS 242E2F/11

こちらも同じ価格帯の23.8インチIPS液晶モニターです。どちらがお買い得かは店舗の割引次第です。

このモニターの特徴はパネルの描画能力が高く、より明るく色彩豊かな映像を映し出すことが可能な事です。デスクワークの中で画像の美しさが大事になるシーンがある方はこちらを選んでも良いと思います。

AOPEN 24CL1Ybiと比較して、このモニターを選ぶデメリットは特に見当たりません。

AOPEN 24CL1Ybiのレビューまとめ

本記事は、AOPEN社製PCモニター「AOPEN 24CL1Ybi」のレビューをお届けしました。

この記事が皆様のモニター選びのお役に立てることを願っています。


超厳選おすすめモニター おすすめ度上位10%の超厳選おすすめ 「★5」モデル一覧 格安テレワークモニター 1万円台前半!テレワーク在宅勤務におすすめ格安PCモニター10選