VGA/HDMI端子の数が足りない!2台目PCモニターのつなぎ方

2台目モニター

皆様こんにちは。タロウです。

今回は「端子の数が足りない時にモニターを接続する方法」について書きます。

本記事では大きく3つの事を解説します。

  1. 画面の拡張モードの違いについて解説(失敗しないために超重要)
  2. USB-A端子を使ってHDMIやVGAを拡張する方法
  3. USB-C端子を使ってHDMIやVGAを拡張する方法

本記事はこのような人におすすめです

  • ディスプレイを外付けしたいけどパソコン側の端子の数が足りなくてお悩みの方
  • ディスプレイ端子の変換コネクタの正しい選び方、使い方を知りたい方

DisplayPortやHDMI, DVI, Dsub端子などが余っているけどモニター側の端子と形状が合わず接続できない、というお悩みの方はこちらの記事にて対応方法を解説しています。

モニタ端子の変換方法 【解説】PCモニター接続端子の変換方法と注意点

テレワークで使うモニターをお探しの方にはこちらの記事もおすすめです (別タブで開きます)

テレワークガチランキング 200品番以上から厳選 テレワーク向けおすすめPCモニター

PCモニター/液晶ディスプレイのたこ足接続はNG

タロウ
タロウ

一番ハマりやすいポイントなのでここを最初に説明します!

デスクワークなどの目的でモニターを増設したい時、コンセントの口が足りない時にやる様なたこ足接続するアダプターを利用してはいけません。

これを知らないで間違ったアダプターを購入し、後悔している口コミの声が多数見られます。本当に気を付けましょう。

なぜたこ足接続がNGなのか解説します。

画面の拡張モード

PCモニター/液晶ディスプレイで画面を増やすとき、増やし方には2種類あります。どちらの増やし方をしたいかで利用する機器が違います。


①クローンモード

クローンモードは「本体に表示されている画面をそのまま映す」モードです。

ミラーリングやコピーモードとも呼ばれます。

本体と全く同じ表示が2つのディスプレに表示されます。

オフィスや会議室などで同じ画面を複数個所に表示したり、複数人で見る際に利用するモードです。


②拡張モード

拡張モードは「画面の表示範囲が広がって作業エリアが増える」モードです。

画面分割モードとも呼ばれるようです。

パソコン本体とは異なる画面を映し出すことが出来ます。

デスクワーク目的でPCモニター/液晶ディスプレイを増やす場合、こちらの動作を期待されている方が大半だと思います。


要注意ポイント:たこ足配線=クローンモード

実はたこ足配線をするアダプターはクローンモードにしか対応していません。つまり、せっかく画面が増えたのに同じ映像が映し出されるだけと言う状態になります。

勿論、会議室に設置するPCモニター/液晶ディスプレイなどでは同じ画面を映したいというニーズもあると思います。たこ足配線する機器はその様なニーズに応える製品であり、一般的にデスクワークで利用する製品ではありません。


HDMI端子やVGA端子をたこ足配線するコネクタが多数販売されています。

例えば下記の様な製品です。

これらの製品は、同じ表示内容を複数のモニターに映すのに利用します。

拡張モードでは動作させることが出来ませんので注意しましょう。

まれに説明書きクローンモードでしか動作しないことが記載されていない場合もありますが、その様な説明書きがなかったとしても、HDMI端子、VGA端子を直接分岐させるタイプのコネクタでは、仕組み上クローンモードでしか動作しません。

タロウ
タロウ

後に紹介する拡張モードが使えるアダプターより安価なので、少しでも安い製品を探しているうちにこのタイプのアダプターに行き着いてしまい間違って買ってしまう、と言うパターンの罠もあります。


ディスプレイの接続端子はUSB端子を使って増やす

拡張モードで動作するPCモニター/液晶ディスプレイを増設するには、USB端子を使います。

USB-A端子を使うパターンとUSB-C端子を使うパターンがありますのでそれぞれ紹介します。

USB-C端子
USB-C端子(画面中央の2つ並んでいる端子です)
HDMI端子, USB3端子
USB-A端子(右側の四角い端子です)
USB-AもUSB-Cも両方使える方は

両方使える方はUSB-Cを使うパターンの方がおススメです。

USB-C端子を使うパターンは、ドライバ不要ですので相性問題が出にくいことに加え、最新の通信規格を利用しますので高性能&高品質な接続が可能です。USB-Aパターンの次に解説していますので、目次ジャンプorそこまでスクロールして先に読んでみる事をおすすめします。

パソコンにUSB-A 端子がある場合

殆どのパソコンには、USB-A 端子が付いていると思います。

このUSB-A端子を使うとディスプレイの接続端子の増設が出来ます。


もし、USB-A端子に空きがない場合は、まずUSBハブを購入し空きを作りましょう。

USBハブは正直どれでも良いのですが、私が3個購入してハズレが無かった製品は下記です。本体もスリムで使いやすいです。

USBハブと一体となった製品もありますので後程紹介します。別々に買うより若干お買い得です。


USB-A端子に空きが出来たらそこに変換アダプターを取り付けます。

USB-A端子に取り付けてHDMI端子やVGA端子に変換するタイプのコネクタが多数販売されています。

例えば下の様な製品です。

このタイプの変換コネクタを使えば、USB-A端子がHDMI端子やVGA端子に早変わりです。

これで、接続端子の増設をする事が出来ます。

ただし、購入する製品選びには注意点がありますので解説します。


ポイント1:出力解像度を確認すること

機器毎に出力可能な最大解像度が異なりますので、

どの解像度出力に対応しているかを必ず確認しましょう。

フルハイビジョン画質(1920×1080)にはほとんどの機器が対応していますが、それ以上の解像度(QHDや4K)の場合はきちんと選ばないと失敗します。

また、例えばフルハイビジョン対応の場合でもそれ以下の解像度を自在に選べるというわけではありません。FHDやQHD, 4Kと言った一般的な解像度以外の解像度で使いたい方はその解像度出力に対応しているか確認しましょう。


ポイント2:USBのバージョンにも注意

同じUSB-Aの端子でもUSB 2とUSB 3の2つが存在しますので、注意しましょう。

端子の口を除いてみて黒っぽいのが2、青っぽく見えるのが3です。見分けられるように写真を載せておきます。

USB3対応の変換コネクタは多数ありますが、USB2対応の品はかなり限られるようです。

可能な限り、上で紹介したようなハブを使いUSB3の端子の空きを作って接続することをおすすめします。

HDMI端子, USB3端子
USB3端子(右側の四角、中に青の部品が見える端子がUSB3です)

ポイント3:対応OSとドライバの配布方法を必ず確認すること

ここが一番ハマりがちなポイントです。

通常、USB機器をつなぐのに対応OSは意識しないと思います。しかしながら、このタイプのコネクタは動作させるのに専用のソフトウェア(ドライバ)のインストールが必要です。

このソフトウェアが適正に入手できかつ自分が使っているパソコンに対応していないといけません。

その為、購入の際には以下の2点を必ず確認しましょう

  1. 製品が自分が使うOSに対応しているか?
  2. ドライバソフト自体がどのように提供されているか?

特に自分が利用しているOSに対応しているかは必ず確認して下さい。失敗すると全く動作しません。

また、ドライバソフトがどのように提供されているかも大事なポイントです。

ドライバソフトの提供方法は大きく3つのパターンがあります

  1. 本体に内蔵:USBに差し込むとフォルダの中にドライバファイルが見えるタイプ
  2. Webサイトで提供:メーカーのホームページからダウンロード出来るタイプ
  3. CD-ROMで提供:本体と一緒にCD-ROMが同梱されているタイプ

①のタイプが主流ですが、②や③も時々見かけます。

注意点としては、海外製を買うときには②や③タイプは避けた方が良いです。日本語のホームページが存在しない可能性もありますし、万が一の時のサポートも心配です。

また、③タイプは利用したいパソコンにCDドライブが装着されていないとNGな事にも注意しましょう。

「海外製なら①タイプ」「国内製なら①or②タイプ」を選ぶのがおススメです。

タロウ
タロウ

以上がUSB-A端子を利用するタイプのアダプター選びのポイントです。幾つか具体的に紹介します。

例えば先ほど紹介した製品なら

  • USB3端子に接続して利用
  • HDMI出力×1搭載
  • 解像度フルHDまで対応
  • Windows 11/10/8.1/8/7, macOS 10.12~10.5, macOS X10.6~10.11に対応
  • 国内メーカー製(サンワサプライ)
  • ドライバ提供は②Webサイト提供および③CDROM提供
タロウ
タロウ

このアダプタはAmazonでも楽天市場でも購入可能ですが、Amazonでの購入がお買い得です(2022年1月調べ)


4K解像度まで出力したければ下記アダプターがあります

  • USB3端子に接続して利用
  • HDMI出力×1搭載
  • 解像度4Kまで対応
  • Windows 11/10/8.1/8/7, macOS 10.12~10.5, macOS X10.6~10.11に対応
  • 国内メーカー製(サンワサプライ)
  • ドライバ提供は②Webサイト提供および③CDROM提供
タロウ
タロウ

このアダプタもAmazonでも楽天市場でも購入可能ですが、Amazonでの購入がお買い得です。楽天市場は取り扱いが多くショップごとの価格差が大きめです(2022年1月調べ)


海外製でも良ければ下記製品があります

(以前はイチオシしていたのですが、私の環境でHDMI側出力でパソコン3台中1台で滲みが出てしまいました。VGA側は問題ありません。中華製は安いのが魅力ですが安定性では国内メーカー製を選ぶ方が無難ではあります。)

  1. USB3端子に接続して利用
  2. HDMI出力×1, VGA出力×1搭載
  3. 解像度フルHDまで対応
  4. Windows 10/8/7に対応
  5. 海外(中国)メーカー製
  6. ドライバ提供は①本体内蔵タイプ
タロウ
タロウ

このアダプタはAmazonでしか購入できません(2022年1月調べ)


USBハブと一体になっているタイプが良ければ下記があります

  • USB3端子に接続して利用
  • HDMI出力×1, USB3.0出力×3搭載
  • 解像度フルHD対応
  • Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPに対応
  • 国内メーカー製(サンワダイレクト)
  • ドライバ提供は②Webサイト提供および③CDROM提供
タロウ
タロウ

このアダプタはAmazonでも楽天市場でも購入可能です。Amazonでの購入が若干お買い得ですが、楽天市場なら楽天市場内のサンワダイレクト楽天市場店がお買い得です(2022年1月調べ)


同じタイプでVGA出力タイプもあります

  • USB3端子に接続して利用
  • VGA出力×1, USB3.0出力×3搭載
  • 解像度フルHD対応
  • Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPに対応
  • 国内メーカー製(サンワダイレクト)
  • ドライバ提供は②Webサイト提供および③CDROM提供
タロウ
タロウ

このアダプタはAmazonでも楽天市場でも購入可能です。Amazonと楽天市場の価格差は余りありません。楽天市場なら楽天市場内のサンワダイレクト楽天市場店がお買い得です(2022年1月調べ)


ディスプレイ接続用のケーブルはこちら

(どちらも私が使っている実績ありの製品です。)

タロウ
タロウ

このケーブルはしっかりした作りが特徴です。端子部分も持ちやすく抜き差ししやすいので、頻繁に抜き差しする場合におすすめです。私は持ち運び頻度の多いノートパソコンとの接続に使ってます


タロウ
タロウ

取り外しが少ないところには径が細いこのケーブルがおすすめです。私は持ち運びが少ない方のノートパソコンにつないで使ってます。上のケーブルと比べて軽くて自在に曲がるののが便利なのとケーブルホルダーに束ねる時に場所を取らないのが利点です。


タロウ
タロウ

いわゆる普通のVGAケーブルです。手軽に使えます。固定ネジもあります。ネジで固定する部分は軽い力で回るのにしっかり留まります。


テレワークガチランキング 200品番以上から厳選 テレワーク向けおすすめPCモニター

パソコンにUSB-C端子がある場合はThunderbolt対応か否かをチェック

USB-C端子とは、最近装着され始めた小型のUSB端子です。

USB-C端子は見た目が同じでも”Thunderbolt”という通信の規格に対応している端子と対応していない端子があり、そのどちらかによって対応方法が異なります。

Thunderbolt対応か否かは必ず確認して下さい

Thunderbolt非対応の端子にThunderbolt規格で通信するアダプターを取り付けても動作しません。

USB-Cで映像出力する場合の最大のハマりポイントですので注意しましょう。


Thunderbolt対応か否かの調べ方

Thunderboltに対応しているUSB-C端子は端子付近に稲妻のマークがプリントされていることが多いです。参考までに写真を載せておきます。

ただし稲妻マークをプリントしないパソコンメーカーもありますので、稲妻マークが無くてもガッカリしないで念のためカタログで調べてみると良いでしょう。

USB-C端子
Thunderbolt対応のUSB-C端子(画像中央の2口です。稲妻マークがプリントされています)
タロウ
タロウ

稲妻マークをプリントしない代表例としてはMacBook系です。大部分のMacBookがThunderbolt対応なのにほとんど(全部?)稲妻ありません。Apple社のこだわりですかね

カタログをみてUSB-C端子の説明の所に、「USB-C(Thunderbolt3対応)」や「Thunderbolt(USB-C)」などと書いてあればそのコネクタはThunderboltに対応しています。

ThunderboltにはThunderbolt3とThunderbolt4がありますが、モニターとの接続に関しては特に区別する必要はありません。


どちらかわからない場合やどちらでも使えるようにしたい場合

  • Thunderbolt対応かどうか分からない方
  • 複数台のパソコンで利用するけど、Thunderbolt対応と非対応が混在している方

はThunderbolt非対応パターンの増設の仕方を採用しましょう。

Thunderbolt非対応の場合の増設方法は、Thunderbolt対応の端子に対しても有効です。


Thunderbolt対応のUSB-C端子がある場合

方法① USB-C ⇒ VGA, HDMI端子に変換する

Thunderbolt対応のUSB-C端子に差し込んでVGA端子やHDMI端子に変換するコネクタが多数販売されています。これらのコネクタを利用して端子を変換すれば、PCモニター/液晶ディスプレイを接続することが出来ます。

上で解説しているUSB-A端子を使うパターンと比べて、Thunderbolt対応のUSB-C端子を使うメリットは

  1. ドライバソフトのインストールが不要
  2. 端子の標準の通信規格を使うので、OSの違いを気にしなくてよい
  3. 同じく標準の通信規格を使うので、相性問題が出にくい
  4. ドライバ不要で相性問題も出にくいので、安価な海外製品を使うリスクが低い
  5. 低価格品も含め殆どのアダプターが4Kまでの高画質出力に対応している
タロウ
タロウ

USB-AもUSB-Cも使える方にUSB-Cの利用を進める理由がこの辺りにあります。手間もかからず費用も抑えてより高性能&高品質な接続が可能です。

USB-C端子を使うアダプターを具体的にいくつか紹介します。


下の製品は

  • HDMI出力×2搭載(2つの出力それぞれに違う画面を出力できます。macOSではOSの制約により2つの出力は同じ内容になるとのことです)
  • 4K出力まで対応
  • WindowsからmacOS, Chromebook, Surfaceなど幅広い機器に対応(公式にはこの様に書いてありますが、これ以外でもThunderbolt3対応機器なら利用可能です)
  • 海外(中国)製

VGA搭載のアダプターならこちら

  • HDMI出力×1, VGA出力×1搭載
  • HDMI側は4K出力まで、VGA側はフルHD出力に対応
  • Thunderbolt3対応機器で利用可能(商品説明ではMac系の機種名しか触れていませんが、Windowsでも利用可能です)
  • 海外(中国)製

余りあるThunderbolt対応USB-Cの性能を活かした高機能ハブも販売されています。

例えば以下の製品です


これ一つあればモニターだけでなくほとんどの周辺機器を繋ぐことが出来るだけでなく、ノートパソコンに給電することも可能です。

外出先から戻った時に、モニターを繋いで外付けキーボードを繋いで、ACアダプターを挿すという面倒な行為がこのハブを挿すというワンアクションで済むようになります。

USBハブも一緒に購入される方や、複数の機器を接続される方、特にノートパソコンを持って外出する機会の多い方にオススメです。

こちらの製品も説明文にはありませんがThunderbolt対応のUSB-C端子が搭載された機器であればWindows系でも利用可能です。


方法②USB-C端子にPCモニター/液晶ディスプレイをつなぐ

Thunderbolt対応のUSB-C 端子に直接接続可能なPCモニター/液晶ディスプレイも販売されています。

この様なタイプの直接PCモニター/液晶ディスプレイを購入し接続することも可能です。

USB-C接続可能なモニターは単に画像を映す以上の機能を持っており画期的に便利&快適ですので、パソコンにThunderbolt対応のUSB-Cが搭載されている方は、一度検討してみる事をおすすめします。

USB-C接続出来るモニターについてはこちらで詳しく解説しています

USB-C解説 USB-C接続モニターのメリットと失敗しない選び方

テレワークガチランキング 200品番以上から厳選 テレワーク向けおすすめPCモニター

Thunderbolt非対応のUSB-C端子しかない場合

この場合は、そのUSB-C端子に直接変換アダプターやモニターを接続することは出来ません。

PCにUSB-A端子が搭載されている場合は、上で紹介したUSB-A端子を利用する増設方法で端子の増設が可能です。USB-C端子しか搭載されていないPCの場合は、面倒ですが

  1. USB-C端子に指すタイプでUSB-A端子の口があるUSBハブを利用し、USB-A端子の空きを作る
  2. 出来たUSB-A端子にVGAやHDMIに変換できるアダプタを指す
  3. そこにモニターをつなぐ

という方法を取りましょう。

この方法で利用するUSBハブとしては例えば下記の製品が良いでしょう。

ポイントは出力側がUSB3.1対応であることです。


この方法でモニターを接続する場合、OSやドライバの提供方法を気にする必要があります。

注意点やアダプター選びのポイントはUSB-A端子を使うパターンと同じです。

特にドライバ部分については失敗すると画面が映りませんので注意が必要です。

お手数ですが、記事上方のUSB-A端子を使うパターンまで戻っていただき、アダプターを選びましょう。


テレワークガチランキング 200品番以上から厳選 テレワーク向けおすすめPCモニター

ディスプレイ接続端子の数が足りない時にモニターを接続する方法 まとめ

本記事は、「端子の数が足りない時にモニターを接続する方法」について解説しました。

PCモニター/液晶ディスプレイ接続端子増設のポイント
  • HDMI端子やVGA端子をたこ足分岐させると、クローンモードでしか動作しない。拡張モードで動作させたい人はこの方法はNG!
  • モニター用の端子増設はUSB端子を使うと良い
  • USB-A 端子に取り付けてHDMI端子やVGA端子に変換するタイプのコネクタが多数販売されている
  • このタイプのコネクタを購入する際にはUSBのバージョンと対応OS、ドライバの配布方法を必ず確認しよう
  • USB-C端子はThunderbolt対応と非対応のどちらかで利用できる機器が異なる
  • Thunderbolt対応のUSB Type-C 端子には変換アダプタが利用できることに加え、直接PCモニター/液晶ディスプレイにつなぐこともできる
  • Thunderbolt非対応のUSB-C端子を利用する場合は、一度USB-A端子に変換してUSB-A端子用の変換コネクタを利用すると良い