USB-C接続モニターのメリットと失敗しない選び方

USB-C解説

皆様こんにちは。タロウです。

今日は「USB-C接続モニターのメリットと失敗しない選び方」について解説します。


これまでパソコンと液晶モニター/ディスプレイとの接続に使われてきた端子は主にDisplayPort、HDMI、DVI、D-subの4種類でした。

最近この仲間にUSB-C端子が加わりました。

そして、USB-C端子は他の端子を圧倒的に引き離す超便利&快適な接続端子になりました。

皆様にもこの利点を知ってもらい、より便利に、快適にパソコンを使ってもらえたらなと思い解説します。

タロウ
タロウ

USB-C端子は本当に便利です。一度使うともう元には戻れないでしょう!

本記事はこのような人におススメです

  • モニターをUSB-C接続するメリットを知りたい方
  • USB-C接続できるモニターやケーブルの選び方を知りたい方
  • 自分のパソコンがUSB-C接続に対応しているかどうか知りたい方
  • おすすめのUSB-C接続対応モニターを知りたい方

USB-C端子登場でモニターの役割が変わった

USB-C差込口

これまでは「モニター=映像を映し出す機器」

これまで使われてきたDisplayPort、HDMI、DVI、D-sub端子は基本的にモニターに画像(+音声)を表示するために利用する端子でした。

つまり、これまでは「モニター=映像を映し出す機器」でした。

「え、そんなの当たり前でしょ?」と言われる方も多いと思います。

今、この概念がUSB-C端子の登場によって変わろうとしています。


USB-C接続のモニターは、映像も映し出せるドッキングステーション

USB-C接続のモニターは一台3役をこなします。

USB-C端子搭載のモニターで出来ること
  1. ハイスペックな映像を映し出す+音声を出力する
  2. モニターからパソコンに電力を供給する
  3. 外付けキーボードやマウスなどのUSB機器を接続する

一台で三役こなせるだけでも凄いのですが、1番の魅力は

USB-Cケーブル1つを指すというワンアクションでこの3つが同時に実現できてしまうことです。

これは特にノートパソコンをお使いの方でパソコンを持ち出す機会の多い方にとって魅力的です。

ACアダプターをカバンから出して繋いだり、複数のUSB機器を差し込んだりする手間が省けますので、セットアップにかかる時間が大幅に短縮されることに加え、パソコン周りのケーブルの取り回しもスッキリします。


USB-C接続のスペック

映像出力の能力

パソコンとモニターの接続はどの端子で接続するかによって出力可能な最大解像度やリフレッシュレートが決まります。

接続端子の性能順を物凄くざっくり言うと「①DisplayPort = ①USB-C > ②HDMI > ③DVI > ④Dsub」となります。

つまりUSB-C端子での接続は性能上も極めて優れており、DisplayPort接続と同等です。

一部モニターではUSB-C接続によるリフレッシュレートの上限があることがあります

USB-C接続は基本的にDisplayPort接続と同等とみて良いですが、描画速度が極めて速いゲーミングモニターなどではリフレッシュレートが制約されることもあります。

そのような場合は必ずカタログに記載がありますのでチェックしましょう。

(このページで紹介するモニターで制約がある場合は解説に明記します)

電源供給の能力

USB-C接続で供給できる電力はモニターとケーブルのスペックによって異なります。

少ないケースで最大30W程度、多いケースで最大100Wとばらつきがあります。

普通にノートパソコンで作業する分には十分な給電能力ですが、大型やハイスペックなノートPCを利用される方はモニターのスペックとパソコンの消費電力を比べてみましょう。

USB接続(データ通信)の能力

モニターとパソコン間はUSB 3.1以上の規格で接続されるケースが多くかなりの高速通信が可能です。

キーボードやマウス、ヘッドセット、webカメラなどの周辺機器は勿論のこと外付けハードディスクなどを繋いでも利用可能です。

ただし、モニター側のUSB出力端子がUSB 2.0対応ということもあります。

この場合はその端子の性能がボトルネックとなって速度が制約されます。

この場合一般的な周辺機器は利用できますが、大容量通信が必要なハードディスクはちょっと辛いかもしれません。


タロウ
タロウ

「便利なのはわかるけど、USB-C端子付きのモニター選びって難しい・・・

そんな方向けにモニターやケーブルの選び方を解説します。

接続機器選び①分かりにくい専門用語の超解説

USB-Cでパソコンとモニターをつなごうとすると、”USB-C”, “Thunderbolt”, “Display Port Alt Mode”, “USB PD”という専門用語が登場します。

これらの専門用語が機器選びを難しくしているので、なるべく簡単に超解説します。

USB-Cは端子の形状の名前

USB-Cと言う名前は端子の形状の名前です。

下の画像の様な小型でスマートなコネクタです。USB-A端子と異なり、上下の区別なく差込が可能です。

最近はスマホのコネクタもUSB-Cが多くなってきたので見かける機会も増えてきました。

USB-C差込口
USB-C差込口
USB-Cケーブル
USB-Cケーブル

ThunderboltとDisplay Port Alt Modeは通信方式の名前

“Thunderbolt”や”Display Port Alt Mode”は通信方式の名前です。

どちらもUSB-C端子を使うのですが、やり取りするデータの形式が違います。

“Display Port Alt Mode”は、USB-Cの余力でDisplay Port相当の通信をするという意味

USB-C端子には通信で使っていない余っているピンがあります。

そのピンを使ってDisplay Port相当の通信をするのが”Display Port Alt Mode”です。

“DP Alt Mode”や”DP Alt”などと表記されることもあります。


ざっくり言うと

  1. “Display Port Alt Mode”に対応したパソコン側のUSB-C端子と
  2. “Display Port Alt Mode”に対応したモニター側のUSB-C端子を
  3. “Display Port Alt Mode”に対応したUSB-Cケーブルで接続する

ことによって、映像を映し出すことが可能になるという事です。

パソコンとモニター、利用するケーブルのうち一つでも”Display Port Alt Mode”に対応していないと映像が映りませんので注意してください。

Thunderboltは超ハイスペックな通信規格

ThunderboltにはThunderbolt3と4があります。

Thunderboltは超高速な通信が可能な規格で、例えばThunderbolt3の転送速度は最大40Gpbsです。(ケーブルの長さで変わったりします。この記事の本題とずれるのでこれ以上の深追いはしないことにします)

Thunderbolt3はUSB 3.1と互換性があります。

さらにThunderboltは”Display Port Alt Mode”にも対応しています。


USB PDとはUSB-C端子経由でノートパソコンに電力を供給する仕組み

PDとは”Power Delivery”の略で、電源供給の意味です。

“DP Alt”と同じように、USB-C端子の空きポートを使ってモニターからパソコンに電力を供給できます。

どの位の電力を供給できるかはモニターによって異なる上に使用するケーブルによる上限もあります。

Thunderboltポートは”USB PD”にも対応しています。


タロウ
タロウ

Thunderbolt3 = “DP Alt Mode” + “USB 3.1” + “USB PD” です。

つまり、Thunderboltは最強という事です


接続機器選び②規格に対応しているかの確認方法

パソコン側が対応している規格の確認方法

ノートパソコンの場合は”Display Port Alt Mode”だけ対応している場合よりも、”Thunderbolt3″対応している場合が多いです。

Thunderbolt3対応しているUSB-C端子は端子の付近に稲妻のマークがプリントされていることが多いのですが、すべてのメーカーがそうしているわけではないので、稲妻マークが無い場合カタログで調べる必要があります。

特にMacBook系はほとんどの機種がThunderbolt対応しているのに、稲妻マークのプリントはありません。

USB-C端子
Thunderbolt対応のUSB-C端子(稲妻マークがプリントされてます)

カタログのUSB-C端子の説明欄にThunderbolt3というキーワードが見つかればThunderbolt3対応しています。

Thunderbolt3に対応している場合、”DP Alt Mode”にも”USB 3.1″にも”USB PD”にも対応しています。

以下の様な表記パターンがあるようです

  • Thunderbolt3(USB-C)
  • USB-C(Thunderbolt対応)

ちなみに、Thunderbolt4はThunderbolt3の上位規格です。

このページの解説に関しては特に区別する必要ありません。

Thunderboltとも”Display Port Alt Mode”とも記載がない場合、そのパソコンのUSB-C端子はモニターとの接続には利用できません。


モニター側が対応していることの確認方法

USB-Cが搭載されているモニターの大部分が”Display Port Alt Mode”に対応していますが、ごく一部に非対応のモニターがあります。

カタログを見てUSB-C端子が映像入力に利用可能との記載やUSB-C(Display Port Alt)などと記載があればUSB-C端子による映像入力に対応しています。


USB-C搭載のモニターの中で、”USB PD”に対応しているモニターはおよそ半数位です(2021年12月時点)

供給可能な最大電力がモニターによって違いますので対応状況と合わせてカタログを確認しましょう。

たいていの場合、カタログで大きな紙面を割いて謳っていますのですぐわかります。

機能一覧のページでは「最大〇〇W給電可能」の様に記載されていることが多いです。


ケーブルが対応していることの確認方法

残念ながらケーブル本体を見て確認する方法はありません。

パッケージに”DP Alt”や「ビデオ転送」などの記載があるケーブルを購入しましょう。

USB PD機能を使う場合は給電能力もチェックしましょう。

王道の組み合わせ

結局のところ、USB-C接続する場合の王道の組み合わせは下記です。

  1. ノートパソコンに搭載されたThunderbolt 3 or 4対応のUSB-C端子と
  2. “DP Alt Mode”と”PD”に対応したモニターのUSB-C端子を
  3. “DP Alt Mode”と”PD”に対応したUSB-Cケーブルでつなぐ

タロウ
タロウ

簡単に解説と言ったのに長くなってしまった(汗


USB-C接続可能なおすすめモニター

USB-C接続可能なモニターはまだ数が少なく値段が高い製品も多くあります。

ここでは比較的お求めやすい価格で購入可能なおススメUSB-C端子付きモニターを紹介します。

各サイズ×解像度毎に厳選おすすめを2製品紹介します。

24インチフルハイビジョン

LG 24BL650C-BAJP

ベゼルレスでとても使いやすいモニターです。

テレワーク目的にちょうど良いスペックだと思います。

実売価格はかなり抑えられていますが、出荷前に全数キャリブレーションも行われており、さらに高機能なスタンドが付属しているなど、安かろう悪かろうなモニターではありません。

最大45WまでのUSB PDとUSB 2.0出力×2口が搭載されています。


BenQ GW2485TC

ノイズキャンセリングマイクとスピーカーを搭載しており、webカメラだけ購入すれば(ノートパソコンに付いている場合はそれすら不要)そのままオンライン会議が可能になる個性的なモニターです。

ディスプレイデイジーチェーンにも対応しており、最大4台の接続が可能です。

最大60Wまで給電可能なUSB PD機能を搭載しています。USBハブ機能は搭載されていないようです。


24インチQHD

LG 24QP750-B

USB-C端子搭載のモニターの中でもマルチディスプレイ向きのモニターです。

同じモニターを2台導入すると、「パソコン→モニター→モニター」と言うようにモニター同士を数珠つなぎで接続できる仕様になっています。1つのUSB-C端子接続でマルチディスプレイが繋がるので本当に便利です。

65Wまで給電可能なUSB PD機能、USB 3.0出力×2口も搭載しています。


Dell P2421DC

こちらもマルチディスプレイ向きのモニターです。

同じくモニター同士をつなげるディスプレイデイジーチェーンに対応しています。

65Wまで給電可能なUSB PD機能とUSB 2.0出力×2口とUSB 3.0出力×2口が搭載されています。


27インチQHD

Dell S2722DC

27インチQHDモニターの中で比較的お買い得なモニターです。

Display port v1.4でのDP Alt Modeに対応し、最大65Wまで給電可能なUSB PD機能、USB 3.2出力×2口を搭載しています。


LG 27UP850-W

QHDモニターの中では最高水準に美しい映像を映し出せるモニターです。

最大96Wの給電可能なUSB PD機能とUSB 3.0出力×2口を搭載しています。


27インチ4K

Dell S2722QC

27インチ4Kモニターの中でもコストパフォーマンスに秀でたモニターです。

Display port v1.4でのDP Alt Modeに対応し、最大65Wまで給電可能なUSB PD機能、USB 3.2出力×2口を搭載しています。


Dell U2720QM

圧倒的な映像の美しさを誇る極めて描画能力の高い27インチ4Kモニターです。

最大90Wまで給電可能なUSB PD機能とUSB3.0出力×3口、さらにスマホなどの充電に使える充電専用のUSB-C出力×1口が搭載されています。


もっと大画面なモニター

Dell P3222QE

32インチ4Kモニターです。

最大65W給電可能なUSB PDと5Gbps通信可能なUSB出力×4口搭載しています。


LG 43UN700T-B

43インチの超大画面4Kモニターです。オフィスの打ち合わせスペースや会議室において利用する用途にも向いています。

60Wまで給電可能なUSB PD機能と、USB 3.0出力×2口を搭載しています。


【解説】USB-C端子付きのモニターのメリットと選び方まとめ

大分長くなってしまいましたが・・・

本日は「【解説】USB-C端子付きのモニターのメリットと選び方」をお届けしました。

この記事を参考にUSB-C端子搭載のモニターやケーブルを選んで頂ければ失敗なく超便利&快適な環境を得られると思います!

最後までお読みいただきありがとうございました。