Dell S2721Q/S2721QS レビュー

Dell S2721Q/S2721QS

皆様こんにちは。タロウです。

今回は、Dell社製27インチPCモニター「Dell S2721Q/S2721QS」のレビューをお届けします。


Dell S2721Q, S2721QSのレビューサマリー

Dell S2721Q, S2721QSは様々な用途に活用出来る汎用性の高い4Kモニターです。同等のスペックの4Kモニターの中ではお買い得な価格帯の製品です。

S2721QとS2721QSの違いはスタンドのみで、S2721Qは画面の上下向きだけが調整可能なシンプルなスタンドを搭載、S2721QSは上下左右の向き、高さの調整に加え縦画面化も可能な高機能スタンドを搭載しています。

パネルスペックは色域sRGB 99%、コントラスト比1300:1、色数10.7億色と色彩にこだわった性能ではありませんが、様々な用途に利用できる使いやすいスペックです。広い画面を有効活用する機能も搭載されており、デスクワークにも使いやすい4Kモニターです。

HDMI端子2口とディスプレイポート1口の合計3口の接続端子を搭載しており、様々な機器との接続性も高い設計となっています。デュアルスピーカーを搭載していること、ベゼルの幅が狭いフレームレスデザインであることもこのモニターのメリットです。

このモニターには目立ったデメリットは見当たりません。

以上より、S2721Q, S2721QSは「デスクワークを始めとする様々な用途に汎用的に使えるコストパフォーマンスの良いおすすめ4Kモニター」であると評価します。

タロウ
タロウ

S2721QSはAmazon限定販売です。S2721Qは楽天市場でもYahooショッピングでも購入可能です。価格差はあまりないようです(2022年1月調べ)


タロウ
タロウ

上記判定の根拠や競合製品との比較を解説します。

このPCモニターを購入されようとしている方はぜひご一読ください!

テレワーク目的のモニター探しならこちらの記事もおすすめです

テレワーク向けおすすめモニター 27インチ4K テレワーク向けおすすめPCモニターランキング 27インチ4K編

Dell S2721Q/S2721QSの特徴を解説

Dell S2721Q
Dell S2721QS

カタログスペック一覧

Dell S2721Q, S2721QSのカタログスペック一覧です。両者の違いがスタンド機能のみであることがわかります。

Dell S2721Q/S2721QS カタログスペック
Dell S2721Q/S2721QS カタログスペック

より詳細のスペックは、S2721Qの公式HP及びS2721QSの公式HPをご確認ください。

描画能力は4Kモニターとしては一般的なレベル

Dell S2721QとS2721QSは、27インチの4K IPS液晶パネルを搭載しています。

色域はsRGB 99%、色数は10.7億色、コントラスト比1300:1です。このスペックは一般的にデスクワーク用途で利用されるモニターと同等の水準です。

高画質を追求したモニターではありませんが、デスクワークやゲーミング、動画視聴など様々な利用シーンに適したとても汎用性の高いスペックです。

S2721Q

デスクワークで活躍する大画面を有効活用する機能搭載

S2721Q, S2721QSはとても汎用的に使える描画能力を備えていますが、4Kモニターをそのまま使ってデスクワークをするととても文字が小さく表示されてしまい逆に使いづらくなってしまいます。そのため、デスクワークに使う際には画面を有効に活用できる付属ソフトウェアが重要となります。

ウィンドウの自動整列機能

S2721QとS2721QSにはウィンドウを自動整列させるソフトウェア「Easy Arrange」が搭載されています。このソフトウェアは画面内を最大28パターンに区切り、その区切りの中にウィンドウを置くだけでその区切りに合わせてウィンドウがピッタリはまるとても便利なソフトウェアです。

4Kモニターで画面を4分割するとそれぞれの領域がフルHD相当になりますので、それぞれの領域に異なるソフトを置いてマルチウィンドウ作業をする事や、オンライン会議の際にはそのうちの1つだけをやや広めに領域を確保してプレゼン資料や相手の表情が見やすくしつつ、参考資料も同じ画面内に表示するなどといった使い方が可能です。

PIP, PBP機能

S2721Q, S2721QSには画面内に他のパソコンからの入力を合わせて映し出すことが可能なPIP機能、PBP機能が搭載されています。

PIPはPicture in Pictureの略で画面の中に別パソコンからの映像をワイプの様に映し出すことができる機能です。このモニターのPIP機能は表示位置(右上、右下、左上、左下)とPIP画面の大きさ(大、小)を設定で切り替えることが可能です。切り替えは画面右下のボタンに加え、専用のソフトウェアでOS上で操作することも可能です。

PBPは画面を左右に分割してそれぞれに映像を映す機能です。こちらはどの入力信号を左右どちらに映すのかの組み合わせ選択が可能です。PIPと同じく画面右下のボタン操作か、専用のソフトウェアを使って操作します。

Dell S2721QとS2721QSには上記のような大画面をデスクワークで有効活用する機能が搭載されていますので、デスクワークにも活躍できるモニターであると言えます。

入力端子

Dell S2721QとS2721QSには入力端子として

  • DisplayPort v1.2 × 1
  • HDMI v2.0 × 2

が搭載されています。パソコンだけでなく色々な機器と接続できるHDMI端子が2口も搭載されていますので、とても接続性の高い汎用的なモニターである言えます。

Dell S2721QS

ディスプレイポートと合わせると入力端子が合計で3つ搭載されており、同時に複数のパソコンと接続しておくことが可能です。上で紹介したPIP機能やPBP機能はこれらの入力端子を使って複数のパソコンやレコーダー、ゲーム機を同時に接続しておくことで利用可能になります。

パソコン側の端子が足りなくてお悩みの方はこの特集記事に解決方法あります

2台目モニター VGA/HDMI端子の数が足りない!2台目PCモニターのつなぎ方

ちょっとしたシーンで役立つスピーカー搭載

S2721QとS2721QSにはデュアル3Wスピーカーが搭載されています。

音質面ではパソコンモニターのスピーカーとして並のスペックです。スピーカーが搭載されているとちょっとした動画視聴の際などに役立ちます。ただし、テレワークなどでオンライン会議をされる方はスピーカーだけでなくマイクも必要になると思いますのでベットセットを用意しましょう。モニターのスピーカーはただ聞くだけで良い動画視聴のシーンなどで活躍します。

スタンド機能&VESA対応

Dell S2721QとS2721QSで搭載されているスタンドが異なります。

S2721Qのスタンドはシンプルスタンドです。

画面の上下の向きのみが調整可能です。調整可能範囲は下向き5度から上向21度までです。

スタンドの首の部分に穴が開けられており、モニター側から伸びたケーブルを通す事が出来ます。これによりケーブルがモニター後ろでバラバラにならないというメリットがあります。

Dell S2721Q

S2721QにはVESAマウントが搭載されていますので、モニターアームを取り付けて利用することも可能です。上の写真のモニター背面の中心付近にある四角い枠が取り外し可能となっており、そこにモニターアームの取り付け部をねじ止めするネジ穴が開いています。

モニターアームを取り付ける場合は付属のスタンドは利用しませんので、S2721QとS2721QSに機能差はなくなります。その場合は両者を比較して価格の安い方を購入するのがおすすめです。


S2721QSのスタンドは高機能なスタンドです。

画面の上下向きだけでなく、左右の向き、画面の高さの調整が可能です。調整範囲は左右それぞれ30度、高さは110mmです。

また画面を回転させて縦画面化することも可能です。

Dell S2721QS

画面の位置調整自由度が高いこと、特に高さ調整が可能なことはかなり重要な点です。画面の高さが調整できることで身体に負担のかからない姿勢で見やすい位置に調整できます。これは特に長時間パソコン作業をする事になるテレワークなどではその影響は大きいです。

上記理由から、このモニターをテレワークで利用する方は可能であればS2721QSを選ぶことを推奨します。(モニターアームを利用される方は付属のスタンドは利用しませんので、価格の安い方を購入すべきです)

眼精疲労に配慮したComfortView機能を搭載しています

Dell S2721Q, S2721QSには目に優しいComfortView機能が搭載されています。この機能はフリッカーフリーとブルーライトカット機能を含んでいます。これらの機能は特別なアピールポイントではなく、このモニターの価格帯であれば搭載されていて当たり前の位置付けの機能です。

目に優しい

このTÜV認定モニターは、ComfortView機能によりフリッカーフリーの画面を実現し、有害なブルーライトの発生を抑えます。映画を立て続けに観るなど、長時間画面を見続けていても、目が疲れないように設計されています。

Dell 27 4K UHDモニター:S2721Q | Dell 日本

ベゼル(画面周りのフレーム)幅はかなり狭めです

Dell S2721QとS2721QSのベゼルはかなり薄く、上側と左右の非表示部の幅は7.4mmです。

ベゼルの幅が狭い事によるメリットは、画面の大きさに対し本体サイズを抑えることができること、マルチディスプレイにした時に画面同士の隙間が開かないのでカーソル移動などが楽なこと、デザインがスタイリッシュになることが挙げられます。

Dell S2721QS

メーカーと保証について

Dellはアメリカの会社です。モニターの出荷台数で8年連続 世界 No.1ととても実績のあるメーカーです。

このモニターには1つでもドット抜けがあった場合交換してもらえる「プレミアムパネル交換」と「良品先出しサービス」が付いています。

モニターを買う際にドット抜け品を手にしてしまうリスクはどうしても避ける事が出来ません。このモニターの様に高性能なモニターでドット抜けがあるとがっかりですが、プレミアムパネル交換保証が付いていれば安心して購入できますね。

良品先出しサービス

このデル製モニターは3年間の良品先出しサービスiの対象です。3年間のハードウェア限定保証iの期間内であれば、交換が必要になった場合、翌営業日までにモニターを出荷いたします。

Dell 27 4K UHDモニター:S2721Q | Dell 日本

Dell S2721Q/S2721QSの総合評価

総合評価

優れている点

  • 様々な用途に使える綺麗な映像を映す4Kパネル
  • 広い画面を有効活用できる機能を搭載
  • 汎用性の高い端子を複数搭載した高い接続性
  • ちょっとしたシーンで役立つデュアルスピーカー搭載
  • 目に優しい配慮がされたComfortView機能搭載
  • ベゼル幅の狭いフレームレスデザイン
  • 1つでもドット抜けがあれば交換できる安心保証

評価のざっくりまとめ

Dell S2721Q, S2721QSは様々な用途に活用出来る汎用性の高い4Kモニターです。同等のスペックの4Kモニターの中ではお買い得な価格帯の製品です。

S2721QとS2721QSの違いはスタンドのみで、S2721Qは画面の上下向きだけが調整可能なシンプルなスタンドを搭載、S2721QSは上下左右の向き、高さの調整に加え縦画面化も可能な高機能スタンドを搭載しています。

パネルスペックは色域sRGB 99%、コントラスト比1300:1、色数10.7億色と色彩にこだわった性能ではありませんが、様々な用途に利用できる使いやすいスペックです。広い画面を有効活用する機能も搭載されており、デスクワークにも使いやすい4Kモニターです。

HDMI端子2口とディスプレイポート1口の合計3口の接続端子を搭載しており、様々な機器との接続性も高い設計となっています。デュアルスピーカーを搭載していること、ベゼルの幅が狭いフレームレスデザインであることもこのモニターのメリットです。

このモニターには目立ったデメリットは見当たりません。

以上より、S2721Q, S2721QSは「デスクワークを始めとする様々な用途に汎用的に使えるコストパフォーマンスの良いおすすめ4Kモニター」であると評価します。

タロウ
タロウ

S2721QSはAmazon限定販売です。S2721Qは楽天市場でもYahooショッピングでも購入可能です。価格差はあまりないようです(2022年1月調べ)


テレワーク向けおすすめモニター 27インチ4K テレワーク向けおすすめPCモニターランキング 27インチ4K編

競合製品との徹底比較

やや格上の競合製品

Dell S2722QC

S2721Q, S2721QSと同じDell社のモニターです。

こちらのモニターを選ぶメリットは最大65W給電可能なUSB-C接続端子が搭載されていることです。Thunderbolt対応のUSB-C端子搭載のパソコンとこのモニターをUSB-C端子で接続すると、モニターからノートパソコンに給電出来ますのでACアダプターを取り付ける手間がなくなります。

S2721Q, S2721QSにとっては上位互換とも言える格上のスペックですが、実売価格はそれほど変わらないどころかタイミングによってはこちらのモニターの方がお買い得になっていることもあります。

こちらのモニターを選びデメリットはディスプレイポートが搭載されていないことです。

S2721Q, S2721QSの購入を検討されている方は是非ともチェックしてみるべき競合製品であると言えます。

LG 27UP850-W

S2721QとS2721QSと同じく、27インチの4Kモニターです。

このモニターを選ぶメリットは、DCI-P3 95%をカバーする広い色域とDisplayHDR400対応による高いコントラスト表現性能がもたらす描画能力の高さと、スピーカーも5W×2とやや大型であること、さらに便利な最大65W給電可能なUSB-C端子も搭載している事です。

スペックとしては4Kモニターの最高峰の1つですが、実売価格の高さがデメリットとなります。

Dell S2721Q/S2721QSのレビューまとめ

本記事は、Dell社製PCモニター「Dell S2721Q/S2721QS」のレビューをお届けしました。


Dell S2721Q, S2721QSは様々な用途に活用出来る汎用性の高い4Kモニターです。同等のスペックの4Kモニターの中ではお買い得な価格帯の製品です。

S2721QとS2721QSの違いはスタンドのみで、S2721Qは画面の上下向きだけが調整可能なシンプルなスタンドを搭載、S2721QSは上下左右の向き、高さの調整に加え縦画面化も可能な高機能スタンドを搭載しています。

パネルスペックは色域sRGB 99%、コントラスト比1300:1、色数10.7億色と色彩にこだわった性能ではありませんが、様々な用途に利用できる使いやすいスペックです。広い画面を有効活用する機能も搭載されており、デスクワークにも使いやすい4Kモニターです。

HDMI端子2口とディスプレイポート1口の合計3口の接続端子を搭載しており、様々な機器との接続性も高い設計となっています。デュアルスピーカーを搭載していること、ベゼルの幅が狭いフレームレスデザインであることもこのモニターのメリットです。

このモニターには目立ったデメリットは見当たりません。

以上より、S2721Q, S2721QSは「デスクワークを始めとする様々な用途に汎用的に使えるコストパフォーマンスの良いおすすめ4Kモニター」であると評価します。